• HOME
  • >
  • 現場発泡ウレタンフォームの使い方

現場発泡ウレタンフォームの使い方

フォームの使用方法

・ 施工する部分の埃、油気、汚染物などを除去し、施工箇所周りは養生テープなどを使って養生する。
・ ウレタンフォームの効果を最大限に引き出すためにはすべての施工箇所と発泡したフォームに霧吹きなどを使い、水で軽く湿らせる。
・ 特に乾燥した季節には接着力及び発泡状態が顕著に低下するので霧吹きを使って下さい。
・ 保管する際は正立冷暗保管し、使用時には倒立状態で使用する。(下の写真参考)
・ 使用する前は缶を20回ほど良く振って使用すること。
・ 吐出専用ガンやアダプターチューブを缶に装着した後、缶を倒立させ、引き金を押して使用する。
・ フォームが完全に膨らむと吐出時の約1.5~2倍くらいに膨らむので充填させる量は必ず必要体積の半分くらいにする。
・ フォームが完全に固まった(完全効果は約24時間後)後、必要ない部分はカッターナイフで削ったり、やすり加工も可能。
・ 吐出ガンタイプの製品は使用後、必ずウレタンフォーム専用のワールドクリーナーを使って吐出専用ガンの内外部、ノズル、バルブなどに付着したり残ったフォームを除去する。
(フォームが硬化するとワールドクリーナーで除去することができないため、必ず硬化する前に除去して下さい。目安としては表面硬化(発泡後約10分)が起きる前に洗浄してください)

現場発泡ウレタンフォームの使い方